医薬品購入で危ないショップがすぐわかる便利なサイト

>

行政機関を活用しよう

海外から医薬品を購入する

日本では認可外の、海外の医薬品がほしいという人もいるでしょう。
個人輸入という形になりますが、自己使用であれば薬監証明を受ければ適法であり、さらに一定範囲内ならば税関の確認のみで輸入可能となります。

この際、仲介と称して輸入代行をする業者がでてきました。個人輸入は可能ですが、不特定多数の注文をとりまとめて販売する行為や未承認薬の広告を出すことは違法のため、摘発される事例が多数あります。
こうした業者を利用する場合は口コミ等をみて、細心の注意を払う必要があります。

ただ、海外医薬品の使用については国の公的救済制度も適用されず、国内の医師や薬剤師でも対応が遅れることがあります。現状、メリットよりもデメリットの方が大きくなっています。
使用自体を推奨できるものではありません。

厚生労働省のサイトで確認を

一般用医薬品の販売をしているサイトは、各自治体を通して厚生労働省に報告されています。
どういった業者があるかは厚生労働省のサイトで公開されています。
逆に許可なく販売をしているサイトや、記載事項に不備のあるサイトも掲載されています。
このサイトを利用して確実な販売業者を探すのも良いですね。
違反サイトを見つけたら利用しないのはもちろんのこと、連絡しておきましょう。

医薬品をネット購入する際にはサイトに注意することも大事ですが、副作用のリスクを減らすためには、自身の健康情報も的確に知らせなくてはなりません。対面でもそうですが、薬剤師の質問にはしっかり返答をし、疑問が少しでも生じたら相談窓口にて相談するようにしてください。


この記事をシェアする