医薬品購入で危ないショップがすぐわかる便利なサイト

>

見るべきサイトの項目

そもそものネットショップの安全性

医薬品販売にも通じる、危険なネットショップの見分け方があります。
基本的には、通販業者に課せられている特定商取引法に基づいた記載がサイトにあるかどうかを確認します。
代表者名、住所、電話番号は必ずチェックしましょう。
メールアドレスはフリーのものを使用している場合は疑念がでてきますね。

相場を破壊するほどの低価格は要注意です。餌をまいてカモがひっかかるのを待っている可能性が高いです。
ネットで相場を調べてみる必要があります。

サイトを隅々までみて、日本語がおかしいものも詐欺サイトかもしれません。
一概に詐欺ともいえない場合も多いのですが、安全性という観点においてはあまり推奨はできません。
誤字脱字が頻発しているサイトは、人間心理としてあまり使いたくないというのもありますね。

医薬品のネット販売におけるルール

実店舗の条件をクリアしている上で、ネット販売でのルールもあります。
サイトに義務付けられた表記があるのでそれをチェックしていきましょう。
実店舗の名称と写真、薬剤師や登録販売業者の氏名、許可証の内容、連絡先の掲載は必須です。
まずはこの情報がサイトに載っているかを必ず見てください。
薬剤師かどうかは厚生労働省のサイトで確認可能です。

また、ネット販売でも薬剤師による確認や情報提供が義務となっています。
一般用医薬品とはいえ、副作用のリスクがゼロというわけではありません。
購入者が提供した情報を理解した旨を確認することや、使用期限の表示、薬剤師ではなく購入者による口コミは禁止することなどが取り決められています。


この記事をシェアする